投稿

10月のTHI推移

イメージ
  酪農総合研究所では北里大学との共同プロジェクトを実施しており、全国の酪農家にご協力いただき、牛舎に通信型の温湿度センサー端末を設置して、THIをモニターしている。  THIとストレスの関係は、    72以下(ストレス無し)、73-78(軽度)、79-88(強度)、89以上(超強度) という基準で判断している。  前月に引き続き、10月のTHIがどんな推移を示したのか、まとめたので紹介する。  なお、北海道は先月の実績確認で終了しており、今月は府県のみの実績確認とする。 その前に、10月の全国概況を振り返ることにしよう。  気象庁が公表した10月の天候によると、気温は東日本で低く、全国的に気温の変動が大きくなった。降水量は東日本・西日本ともに少なかった。日照時間は西日本で多かった。 さて、THI測定地点での10月のTHI推移は、 宮崎市の10月平均気温は20.2℃(平年差+0.2℃)で平年並、 降水量は平年比44%と少なかった。月間通して最高THIでも 80を超えることが無く、平均THIは月始めに73程度を示したものの、 その後は概ね70未満で推移したことから、月間通してストレスの 多くない状態であったと考えられる。 栃木県宇都宮市の10月平均気温は16.0℃(平年差-0.7℃)と 平年より低く、降水量は平年並であった。 10月始めの4日間を除いては、最高THIでも70を超えることが殆ど無く、 ストレス無しの状態で経過したと思われる。 秋田市の10月平均気温は14.2℃(平年差-0.3℃)平年並み、 降水量は平年比103%と多かった。 栃木の例と同様に、月始めだけがやや暑い日があったが、 月を通して最高THIでも70未満であり、暑熱ストレスは無いと思われる。  さて、これらの結果より、栃木・秋田において10月になると、宮崎でも10月後半になると、暑熱ストレスの影響が殆ど無い状態となることがはっきりしたので、今月をもって、今年度のTHI推移実績報告は終了する。 次年度は、気温が上昇する前の4月より、まず府県の実績報告から再開することとしたい。    今年報告した実績結果を、次年度の暑熱対策についての判断材料のひとつとして見ていただければ幸いである。

9月のTHI推移

イメージ
  酪農総合研究所では北里大学との共同プロジェクトを実施しており、全国の酪農家にご協力いただき、牛舎に通信型の温湿度センサー端末を設置して、THIをモニターしている。  THIとストレスの関係は、    72以下(ストレス無し)、72-78(軽度)、79-88(強度)、89以上(超強度) という基準で判断している。  前月に引き続き、9月のTHIがどんな推移を示したのか、まとめたので紹介する。    その前に、9月の全国概況を振り返ることにしよう。  気象庁が公表した9月の天候によると、全国的に平均気温が高く推移した。また、降水量は西日本日本海側と東・西日本太平洋側で多く、北日本日本海側と太平洋側では少なかった。東日本日本海側は、平年並みだった。  北日本では、高気圧に覆われて晴れた日が多かったため、北日本日本海側の月間日照時間はかなり多かった。  東・西日本では、上旬は前線や湿った空気、台風第 11 号の影響を受けやすく曇りや雨の日が多かった。中旬の終わりは台風第 14 号の影響で大雨や大荒れとなった所があり、下旬 の前半は台風第 15 号の影響で東日本太平洋側を中心に記録的な大雨となった所があった。 さて、THI測定地点での9月のTHI推移は、 宮崎市の9月平均気温は26.0℃(平年差+1.3℃)で平年より高く、 降水量は平年比164%と多かった。平均THIが月間通して 70~80を推移していたが、前半はやや強度、後半は軽度の ストレスがあったと考えられる。 栃木県宇都宮市の9月平均気温は23.6℃(平年差+1.2℃)と平年より高く、 降水量は平年比135%と多かった。この1か月間の平均THIは 前月同様70~80の間にあり、時々、最高THIが80を超え、 強度ストレスがあったものの、月の終わり頃になると、 ほぼストレスを感じることが無い状態であったと思われる。 秋田市の9月平均気温は22.3℃と平年より高く、降水量は平年比81%と 平年並み、日照時間は平年比123%と平年より多かった。 月の始めには最高THIが80を超え、強度ストレスの日があったが、 概ね軽度ストレスの日が続いた。月の後半には最低THIが70を下回っていて 夜間のストレスはほぼ無かっただろうと推測される。 大樹町の隣の広尾町の9月平均気温は17.8℃(平年差+1.2℃) であり平年より高かった

2022 展示圃場観察日記(19)

イメージ
  〈9月22 日〉  今日、展示圃場の3番草の刈取りを行いました。  2番草の刈取り(8月5日)から48日後の刈取りです。  今回、3番草の反収は851kgでした。今年1年間を振り返ると、1番草は前年を下回ったものの2番草、3番草で挽回し、年計は前年を超える収量となりました。   1番草:2,014kg(前年差△169kg、前年比92.3%)   2番草:1,418kg(前年差+640kg、前年比182.2%)   3番草:  851kg(前年差+114kg、前年比115.8%)   年 計:4,283kg(前年差+585kg、前年比115.8%)  この原因として、もちろん今夏の天候要因もあるでしょうが、今回は1番および2番草刈取り直後に定植した赤クローバーおよびアルファルファが収量増加に奏功した、と少しばかりひいき目に考えたいところです。    さて、先日の業界紙に『2022年産(新物)米国産乾牧草(アルファルファ、チモシー、スーダン)の輸入価格が1トン当たり100,000円前後と記録的な高値になった』と載っていました。  これは急速な円安基調、産地相場高および他国の旺盛な需要が原因とのこと。今後の輸入乾牧草の価格は為替相場や作況を受けると同時に、ますます他国の引き合いが強くなり価格が不安定になるであろうことを考えると        「今後はさらに自給飼料生産の意味合いって増すんだろうなぁ…」 と、そんなことをつぶやきながらの3番草の刈取りでした。

8月のTHI推移

イメージ
  酪農総合研究所では北里大学との共同プロジェクトを実施しており、全国の酪農家にご協力いただき、牛舎に通信型の温湿度センサー端末を設置して、THIをモニターしている。  THIとストレスの関係は、    72以下(ストレス無し)、72-78(軽度)、79-88(強度)、89以上(超強度) という基準で判断している。  前月に引き続き、8月のTHIがどんな推移を示したのか、まとめたので紹介する。  その前に、8月の全国概況を振り返ることにしよう。  気象庁が公表した8月の天候によると、西日本では平均気温が“平年差の高い記録”を更新するほどの高温であった。また、降水量は北・東日本日本海側と北日本太平洋側でかなり多く、東日本太平洋側では多かった。北海道太平洋側と東北日本海側では、平年と比べて最も多い降水量を記録した。  また夏季間(6~8月)を通して、東日本・西日本で平均気温はかなり高く、西日本では統計開始以来最も高い気温を記録した。降水量は、8月を中心に繰り返し低気圧や前線の影響を受けた北日本の日本海側と太平洋側で、かなり多かった。 さて、THI測定地点での8月のTHI推移は、 宮崎市の8月平均気温は29.2℃(平年差+1.6℃)でかなり高温で、 降水量は平年比15%とかなり少なかった。平均THIが月間通して ほぼ80程度であり、強度ストレスの状態が続いたと思われる。 栃木県宇都宮市の8月平均気温は26.6℃(平年差+0.6℃)と高温で、 降水量は平年比45%とかなり少なかった。ひと月通して平均THIは 70~80の間にあり、上旬には最高THIが80を超え、たびたび 強度ストレスを受けたが、その後はおおむね軽度ストレス状態の日が 多くなってきたように思われる。 秋田市の8月平均気温は25℃と平年並み。降水量は平年比181%と 非常に多く、日照時間は平年比68%と非常に少なかった。 平均THIを見ると月の始めには強度ストレスの日が多かったが、 お盆を境に徐々に低下した。ただ、最高THIを見ると中旬過ぎまで 80を超える日が多く、昼間のストレスは強かったと思うが、 最低THIが月後半には70を下回り夜間のストレスは ほぼ無かっただろうと推測される。 大樹町の隣の広尾町の8月平均気温は19.8℃(平年差+1.2℃) であり高かった。また、降水量は平年比186%と非常に多かった

2022 展示圃場観察日記(18)

イメージ
  〈8月22 日〉  2番草の刈取りからお盆を挟んで2週間経ちました。  7月下旬から8月のお盆位までが札幌(北海道)の“盛夏”ですから、天気が良ければ日差しも強くかなり暑い日もありましたが、昨年に比べると曇天雨天がそれなりにあり、比較的過ごしやすい札幌でした。従って、展示圃場の3番草にも水撒きは1回もしていません。 いつもの位置から観た様子  アルファルファの既存株の再生部分の草丈は既に50~60cm。ペレニアルライグラスはやはり昨年と比べて元気が無いのか、草勢弱く目立ちません。  今迄見てきた1番草刈取り後に移植した苗ですが、いつものアングルから観ると、左上のアルファルファ(黄色の囲み)と右下の赤クローバー(赤色の囲み)は頭上を覆っていた既存の2番草が刈り取られて日当りを確保したのか、少し生育が進んだようです。右上のアルファルファ(黄色の囲み)は相変わらず寂しいですが…。  こちらは、2番草刈取り後に移植したアルファルファの苗です(黄色の囲み)。まだ小さい株ですが、何とか根付いてがんばっています。でもまた、間もなく既存株の3番草に覆われてしまう・・・。

2022 展示圃場観察日記(17)

イメージ
〈8月5 日〉  札幌は7月下旬後半から盛夏の候、真夏の陽気となりました。  今週は8/1(月)から8/2(火)にかけて荒れた天気で、結構な風雨となりました。そして本日は晴天ですが風があって過ごしやすい。  暫く業務の都合で…(否、暑くてその気になれず…)、2番草の刈取りが伸びていまして、1番刈取りは6/27だったので本日で39日目。丁度良いか?ということで午前中涼しい内に刈取りすることにしました。  いつもの位置から観た今朝の様子。ケレスの花はまだまだ一杯ですが見頃は過ぎて花も散り加減。   アルファルファの草丈は80~90㎝台。ペレニアルライグラスは出穂茎が殆どないので姿が見えません。それと今シーズンは赤クローバがなかなか開花しません。今日も蕾を一つだけ確認。  さて、1番草刈取り後に移植した苗はどうなったでしょうか? 右側下に赤クローバの株が何とか判りますが(赤色の囲み部分)、周りの既存株に埋もれてしまいよく判らなくなってしまいました。  そして2番草刈取りです。  いつものように手刈りで5.3㎡の圃場を全部刈り取って全生草重量を図ります。鎌研ぎをさぼっていたので、切れない鎌で四苦八苦…。  今回刈り取った2番草の総重量は7.50㎏。計算上、反収は1,418kg/10aと昨年の倍近い収量となりました。  昨年は盆明けの8月17日に刈りましたが778㎏/10aと少な目でした。何と言っても、昨年は2番草生育期に当たる6月末から7月末までのほぼ1カ月間雨が降らずの大干ばつでした。  刈取り後は、1番草刈取り後の時と同様に、あらかじめ育苗しておいたアルファルファ 「ケレス」の苗を、目立った裸地に移植しました(黄色の囲み部分)。  既存株が頭上を遮る前に定着できるか?  最後に追肥。春・1番草収穫後と同じ<8・8・8>を適量振って、久しぶりに水撒きを行い本日の作業は完了です。

7月のTHI推移

イメージ
 酪農総合研究所では北里大学との共同プロジェクトを実施しており、全国の酪農家にご協力いただき、牛舎に通信型の温湿度センサー端末を設置して、THIをモニターしている。  前月に引き続き、7月のTHIがどんな推移を示したのか、まとめたので紹介する。 THIとストレスの関係は、    72以下(ストレス無し)、72-78(軽度)、79-88(強度)、89以上(超強度) という基準で判断している。 本格的な夏を迎え、連日30℃超えとなり雨が降る日が多い月だった。 ひと月を通して強度のストレスを受けることが多くなっていたと思われる。 月初、月末は猛暑であった。ひと月を通して、雨が降る日の多い月で あった。猛暑時は最高THIが85前後を示し強いストレスを受けた。 猛暑時以外は、ストレス無し~軽いストレスだったと思われる。 雨降りの多いひと月だった。気温は30℃前後で推移することが多く、 ひと月通して比較的軽いストレスで済む日が多かったようだ。 上旬、中旬は毎日のように降雨があり気温は低く推移した。下旬になり 天気が回復し夏日が多くなったが、軽いストレスで済んだようだ。 月初、月末に30℃を超える日があったが、 比較的低温の日が多く、降雨も少なかったようだ。 乳牛の環境としては概ね良好でストレスは少なかったと思われる。 雨の多い月であった。月初、月末に高温の日があったが、 長続きせず比較的過ごしやすい気温で推移したようだ。 そのため標茶町と同様、ストレスは少なかったと見られる。