投稿

2021 展示圃場観察日記(8)

イメージ
  刈取りと同時に、今年も収量調査を実施。 草ボウボウではコドラートでの坪刈りは出来ないので、全刈取り重と圃場面積で計算。 刈取り高に気をつけながら(概ね 10 ㎝)、鎌でガンガン刈っていきます。 結果は 2,183 ㎏/ 10a 。同じ刈遅れの昨年( 2,708 ㎏/ 10a )に比べ大幅な減収となりました。 前述のように、越冬株の若干の衰退と春先の追播の出芽が悪かったことによるようです。 ペレとは違う一団の根を調べました。 出穂期の穂の形や葉舌・葉耳の状況からシバムギ説も浮上しましたが、株化して地下茎が無いことから否定、前述のフェストロ説が肯定されました。 刈取り後はやはり裸地が目立ちます。 2 日後の 7 月 14 日に Ⅱ 番追肥( BB550 ( 5-15-20-5 ))を実施しました。 Ⅱ 番草は概ね 40 日後ですからお盆明け位ですが、様子を見ながら刈遅れないように行いたいと思います。 次回に続く・・・・・

2021 展示圃場観察日記(7)

イメージ
  7月になりました。ケレスの花は先週辺りが見頃のピークでした。 < 7 月 2 日>  晩生アカクロのアレスも一斉に開花。 < 7 月 5 日>   もうⅠ番の刈取りをしなければ・・・。昨年は 7 月 6 日でしたので、丁度在宅勤務の合間?となる今日(7月5日)を予定にしていましたが…、生憎朝から雨!で雨天順延。        強めの雨に当たって倒伏しています。            刈取りは次回出勤日の7月 9 日に順延としました。 < 7 月9日> そしていよいよ、7月9日ケレス展示圃場のⅠ番草の刈取り日となりました。    例年 6 月下旬の刈取りとなる苗穂展示圃のケレスⅠ番草ですが、昨年来コロナ禍で見学中止中の「酪農と乳の歴史館」にお客様をお迎え出来たら、アルファの青紫の花をご覧に入れたいとの思いから、昨年同様、満開を迎える迄刈取りを遅らせました。     しかし、それは叶わず、既にケレスの花も先週辺りの見頃も過ぎ、草丈も伸びて倒伏、同伴のペレ二アルライグラスも既に開花~結実したので、 5 日から雨天延期した本日に刈取りしました。   刈取直前の様子、花は未だ未だですが牧草的には既に刈遅れ! 終盤戦のアカクロアレスの追い上げ(生育)は著しく、草丈は優に1m超! 次回に続く・・・・・

2021 展示圃場観察日記(6)

イメージ
  今回は、ケレス開花の報告をした以降の変化を報告します。 < 6 月18日>   鮮やかな真紫の花と共にピンクと言うより純白に近い花も着きました。 ペレとは違う穂の一団。同僚と合議の末フェストロリウムに落着きました。 < 6 月 24 日>  紫と白の中間色=藤色の花も加わって…、 < 6 月 25 日>  満開までもう少し。ペレも出穂しきって、アカクロもようやく花盛り。 < 6 月 28 日>  そして満開!ここ数日好天の札幌では一昨日昨日の最高気温が 27 ~ 28 ℃となり、ケレスも一気に開花しました。多分この日が花盛りのピーク。 花壇もローズゲートも満開このとおり!一番佳い季節になりました。 コロナが無ければ「歴史館」来館のお客様にも楽しんで頂けるのですが…。 次回に続く・・・・・

2021 展示圃場観察日記(5)

イメージ
  < 6 月 16 日> 初夏を思わせる良いお天気です。 6 日ぶりに出勤すると … 、アルファルファ・ケレスが開花していました。 同僚の証言によると 14 日の月曜日に確認したとのこと。 紫色と淡いピンクの花が朝日を受けて黄緑に鮮やかに映えます。 アルファの草丈は 80 ~ 90 cmになり、草量も一段とボリューミーになってきました。              近隣の道端のアカクロはピンクの花が盛りですが、アレスは晩生品種なので?展示圃場では開花は未だです。それでも草丈は 80 cmを超えています。 ペレの株もそれぞれ 90 cmを超えて出穂していました。その真ん中辺りの一際背が高い一株は明らかにペレと違う穂の形になってきました。???            「酪農と乳の歴史館牧場」の牛の親子もケレスの牧草地が楽しそう!! 次回に続く・・・

2021 展示圃場観察日記(4)

イメージ
  < 5 月 31 日>   暫くの在宅勤務で久しぶりに出勤したら「牛でなくてももう食べたい。」 とても美味しそうになってきました。栄養価は今位が一番高いでしょう。 ペレは出穂までもう少し。アルファも着蕾までもう少し。 第1カメラ 圃場全体 第2カメラ アルファルファ(ケレス) 第3カメラ RC(アレス)とペレニアルライグラス < 6 月 10 日> またさらに在宅です。そして久しぶりに出勤すると…。 第1カメラ 圃場全体 第2カメラ アルファルファ(ケレス) 第3カメラ RC(アレス)とペレニアルライグラス ペレは出穂していました。一番の草丈は 90 cmを超えていますが、なんだかこれは一団のペレとは違う。穂の形状がペレではなくフェストロリウムのようですが ? どのように混じったのでしょう? アルファもアカクロも 70 ~ 80 cmにもなり、アルファは着蕾していました。道端のアカクロは花を咲かせていますが、圃場のアカクロはもう少しです。 本来刈取り適期なのですが、展示圃場ではアルファルファ・ケレスの可憐な花を一般のお客様にご覧いれたく、もう少し日にちを置くのですが…、今年もコロナで…。 次回に続く・・・

2021 展示圃場観察日記(3)

イメージ
  < 5 月 6 日>  この頃になると気温も高くなって緑に勢いが。桜の花びらもちらほらと。 第1カメラ 圃場全体 第2カメラ アルファルファ(ケレス) 第3カメラ RC(アレス)とペレニアルライグラス < 5 月 12 日> 日に日に生育が手に取るように判るようになってきました。 第1カメラ 圃場全体 第2カメラ アルファルファ(ケレス) 第3カメラ RC(アレス)とペレニアルライグラス 枝垂れ桜は今が花盛り 追々播が芽吹きました。裸地が埋まるか。 < 5 月 14 日> ペレの株が旺盛で青々としてきました。逆に今季のアルファは去年に比べて衰退気味かもしれません。越冬株に昨年の勢いと密度感がありません。 第1カメラ 圃場全体 第2カメラ アルファルファ(ケレス) 第3カメラ RC(アレス)とペレニアルライグラス < 5 月 18 日>  冷涼な日も多かったのですが、積算気温はそれなりに有って、アルファも 少し勢力を盛り返して伸びてきました。 お天気はとっても良いのに「緊急事態宣言延長」…。そして在宅勤務に。 第1カメラ 圃場全体 第2カメラ アルファルファ(ケレス) 第3カメラ RC(アレス)とペレニアルライグラス 次回に続く・・・