投稿

経営実証農家 飼料用トウモロコシ生育状況

イメージ
  8 月 26 日、釧路管内標茶町にある経営実証農家の飼料用トウモロコシ (DC) の生育状況を確認しました。 圃場構成は、作付け 4 期目の1圃場と今期から草地から転換した 2 圃場の合計 15ha です。 今回の写真は、前回( 7 月 31 日)の報告の続報になります。 8 月中旬の釧路管内は気象は、気温は平年に比べ高めで降水量は平年並み、日照時間も多目に推移しました。 その様な恵まれた天候を受けて、 4 期目圃場は絹糸抽出期を迎え受粉真っ最中。桿長 220 ~ 250 ㎝。新規作付け圃場はやはり生育が 4 期目圃場よりやや早く受粉も順調そう、桿長は同様ですが雌穂が大分大きくなってきました。この地域の路地栽培で 85 日クラスではまずまずの成長だと思います。 今年の収穫は概ね 10 月中旬を予定していますが、とにかく台風がきませんように…(合掌)。 4 期目圃場(写真A・B):前回報告の「視点の高さから観ると…」と同地点の様子、新規作付け圃場に追いついた。 写真A 写真B 新規作付け圃場(写真C・D):電牧の下草処理も行き届いて害獣の食害も無く圃場際まで生育が揃っている。 写真C 写真D 以 上

経営実証農家 飼料用トウモロコシ生育状況

イメージ
  7 月 31 日、釧路管内標茶町にある経営実証農家の飼料用トウモロコシ (DC) の生育状況を確認しました。 圃場構成は、作付け 4 期目の圃場と今期草地から転換した圃場の2圃場、計 15ha です。 作業経過は、 4/30 ~ 5/5 耕起・施肥, 5/17 播種, 5/21 土壌処理・ 6/21 茎葉処理 ですが、特に今期は播種を早目に行いました。 その後、 6 月の多雨とその後の日照不足で生育が少し心配でしたが、その後の天候回復もあり、思いの外順調そうで、一安心。 4 期目圃場は草丈 160 ~ 180 ㎝, 13 ~ 14 葉期、新規作付け圃場は 210 ~ 230cm , 14 ~ 15 葉期。 新規圃場の方では雌穂が膨らみ始めてきました。 北海道の 8 月 1 日生育状況では、釧路管内は「平年並み」,根室管内は「やや遅れ」との発表ですが、地理的に丁度その中間的な当牧場にあっては、やや良い方の釧路管内の状況に近いようです。 後は、受粉期の好天と…、 10 月の収穫まで大きな台風が襲来しないこと祈るのみです。 4期目圃場 草丈は肩の高さを上回る 視点の高さから見ると… 新規圃場は2mを優に超えている 茎の太さは4㎝程度 視点の高さから見るとこんな感じ

実証圃場の2番草収量調査と飼料用トウモロコシの生育状況

イメージ
7月16日(木) 酪農総合研究所が調査をしているオーチャードグラス主体圃場の2番草収量調査を行いました。 オーチャードグラス、ペレニアルライグラス、 白クローバー、赤クローバー等が主体の草地。 雑草や裸地が少なく非常に良い状態で維持されています。 昨年追播した赤クローバーが元気     結果(平均生収量)は、1,494kg/10a(前年比107.2%、前年調査は7/12)でした。  平均草丈は、オーチャードグラス93.2cm(前年78.3㎝、+14.9㎝)、ペレニアルライグラス56.1cm(前年39.6㎝、+16.5㎝)でした。   6月3日に行った1番草の収量調査では、春先の干ばつの影響により    1,526kg/10a (前年比84.1%、前年調査6/3)と前年より少ない収量でしたが、このところの好天により生育が進んだようです。  地域の作況調査と比較しても圃場の状態は良さそうです。  1番草の収量不足を少し挽回できそうです。  20日から収穫予定とのことなので、良質なサイレージとなるよう期待しています。  追加で、飼料用トウモロコシの生育状況を確認しました。  この地域の作況調査結果とほぼ同様で、地域の平均並に生育しているようです。 マルチ栽培 草丈2mを超えている